ビジネスはランチェスター戦略から

ランチェスター戦略の生みの親

「ビジネスはランチェスター戦略から」で公開しているランチェスター戦略情報にまずはご注目ください。
ランチェスター戦略に関する知識をきちんと理解しておきましょう。

 

1886年イギリスのロンドンでランチェスター戦略の生みの親F・W・ランチェスター(フレデリック・ウィリアム・ランチェスター)は生まれた。

 

航空工学のエンジニアでプロペラの研究は特に有名。自動車のエンジニアでも若い頃はあった。
ランチェスターが1916年に書いた「戦争と飛行機第四の武器の曙」は戦闘に飛行機が与える影響を計量的に数理的に研究したものとして注目され、英国空軍省がイギリスでは創設。

 

アメリカの数学教授クープマンによってその後、ランチェスター戦略モデル式として発展し、軍事戦略として第二次世界大戦では大きな成果を収めた。

 

そして、ランチェスター戦略を販売戦略として日本では田岡信夫が研究し、広めていった。そして、従来の精神主義・根性論を排除した田岡信夫が広めたランチェスター戦略は、科学的かつ実践的な販売戦略として高く評価された。

 

1位を強者と呼び、2位以下を弱者と呼んでいる。

 

3倍以上の差をつけると弱者の戦略である局地戦や一騎打ちの場合は、逆転されない安全圏に入る。広域戦や確率戦の場合は、強者の戦略では√3倍(約1.732倍)以上の差をつけると逆転されない安全圏に入る。

 

局地戦や一騎打ちの場合は、裏を返すと、3倍未満の差なら逆転可能、射程距離範囲内。

 

約1.732倍未満の差なら広域戦や確率戦の場合は、逆転可能、射程距離範囲内。
ただし、画期的な新製品が発売されれば、射程距離範囲外であっても、一気に逆転してしまうこともある。

 

自社が攻めの立場で、目標会社が射程範囲距離外にいたら、一気に逆転を狙うのではなく、まずは射程距離範囲内に入ることを狙う。自社が守りの立場なら、射程距離範囲外の差をつけることを目指す。

 

ランチェスターについてある程度の知識を貴方はお持ちですか?
コンテンツSEOの情報サイトやクチコサイトをチェックして納得のコンテンツSEO情報を探しましょう。

 

貴方がこの記事にたどり着いたということは、ランチェスター戦略に関することを調べているのでしょう。
ネットの世界には参考にするべきサイトが多数ありますので、まず最初はロングテールの基本的な知識を学ぶことが大切です。